外国人雇用マガジン

Vol.1 ミャンマーの送出し機関をご紹介!

配信日:2020年07月22日

「送出し機関」とは、技能実習生の募集や面接、機構へ提出する各種書類作成、日本への実習生の送り出しなど、母国での重要な役割を担っている政府認定の機関です。

今回は、当組合がお世話になっているミャンマーの送出し機関「High Castle(ハイキャッスル)」をご紹介します。

ヤンゴンにある送出し機関「ハイキャッスル」は、日本への実習生の送出し専門機関です。
代表のZaw社長は、日本での仕事経験もあり、日本語も堪能な、心強いパートナーです。


日本語を教える語学学校「Dream(ドリーム)」を併設し、実習生は日本へ来る前の数か月間、寮生活をしながらここで日本語を勉強します。
勉強風景の動画もありますのでご覧ください。

ハイキャッスルでは、ミャンマーの農村地域からも実習生を募集しています。
Zaw社長は、日本での実習を経験させてあげたいと、農村出身の若者にも機会を提供しています。

日本の企業で実習するミャンマー人実習生の特徴は…
・仕事に熱心で前向き
・指示に対して、とても素直
・純粋で、笑顔が素敵!

少し私見が入ってしまいましたが(笑)

でもこんな笑顔でいつも接してくれるので、やっぱり「素敵!」と思ってしまいます!


当組合は、ミャンマーを中心に、ベトナム、中国などの送出し機関と提携し、実習生を送り出してもらっています。

これからも意欲あふれる実習生を見出し、育てて、しっかり送り出してもらえるよう、信頼関係を築いてまいります♪

外国人雇用マガジン配信希望