外国人雇用マガジン

Vol.9 初めての技能実習生受入れ!!部屋の準備はどうする?(賃貸物件編)

配信日:2021年08月16日

技能実習生の入国日が分かったら、そろそろ実習生の住まいを決める時期です。

入国後1か月で配属(実習開始)となるので、実習先の事業所に近い地域で、
不動産会社等に「外国人の居住OKな物件」を確認すると良いでしょう。


 実習生が住む部屋は、実習生1人当たりの寝室床面積として4.5㎡(約3帖)以上あること、
個人別の私有物収納設備の設置、夜勤等で就眠時間が異なる実習生は寝室を別にする等の規定があり、
基本的には「快適な住環境を確保した適切な施設」をご用意いただきます。
また、自転車通勤が可能な距離に実習先やスーパーがある等、生活面でも考慮したいところです。


 配属日からスムーズに生活ができるように、受入れ企業様にはしっかり準備していただきます。
エアコンや照明、寝具・洗濯機、炊飯器や鍋・食器、ゴミ袋やトイレットペーパーに至るまで
“すぐに生活を始めることができる”ように整えて、実習生を迎えてあげたいところです。
参考までに必要なモノをリストにすると…


 <実習生の住まいに必要な準備> ※下記は一例です。
・WiFi設備(実習生が家族と連絡を取りあうためには必須です)
・家電製品(炊飯器、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、テレビ、エアコン、照明)
・寝具(ベッド、夏冬用布団、枕、カバー)
・台所用品(鍋、フライパン、包丁、まな板、やかん、皿、茶碗、コップ、箸、スプーン)
・調味料(塩、砂糖、油)
・掃除道具(雑巾、台所洗剤、ふきん、ゴミ箱、ゴミ袋、ティッシュ)
・洗濯用品(洗濯用洗剤、物干し、ハンガー)
・お風呂用品(シャンプー、リンス、石鹸、タオル、足ふきマット)
・トイレ用品(便座カバー、マット、掃除道具、トイレットペーパー)
・家具(テーブル、椅子、食器棚、カーテン、衣類収納ケース) 


他にもあった方が便利なものとしては、
・弁当箱と水筒(食費節約のために、毎日自炊します)
・自転車と雨具(通勤や買出しに使います)
・冬はこたつやヒーター、夏は扇風機
・住まいのカギや自転車のカギ(実習生の人数分用意し、カギを色分け)
※食材は配属当日に、住まい近くのスーパー等で実習生に購入してもらいます。

 

洗剤等の消耗品は最初のみ準備されていれば、次は実習生が買い足します。
家電や自転車は、社内から募って中古品を揃える等工夫すると良いでしょう。

 

実習生のプライベートの充実は、居心地の良い住まいからです。
準備は大変ですが、整った部屋を見た実習生の笑顔に、きっと満足されることと思います。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

企業のご担当者には、実習生の受入れから帰国までが分かる
弊組合のオリジナル受入れガイドをお渡ししております。
ご希望の方はお問合せ入力欄に「受入れガイド希望」とご記入の上、送信下さい。
お問い合わせはこちらから >

外国人雇用マガジン配信希望